元書記長負傷、ついにエリザベス…

我が家のハムスター、チェルネンコ元書記長が、また自傷に走りました。
今回はしっぽと右足。

いつもの病院は車でないと行きにくく、いまちょっと車を運転できないので、電車で別の病院へ。
美人獣医師に今までの経緯を説明。
・今までも自傷があった
・ダニや寄生虫の検査は別の病院でしたことがある→結果はシロ

「ではカビの検査をしてみましょう」ということで毛を抜かれ、「ぢっ」と怒る書記長。
培地にこの毛を置いてカビが生えるかどうかチェックする、最長2週間くらいかかります、とのこと。

いつものように抗生物質と、あとかゆみどめの薬も入ってます、という水薬をもらって帰宅。

しかし今回はいままでよりしつこく、いつまでも患部を噛んでしまう書記長。

いままでは病院行って薬もらったら、もう再度噛んだりはしなかったんだけど…。
月曜に病院に行ったんだけど、それ以降も毎日出血している。
ちびっとずつだけど、小さいハムスターにはだいぶ負担だろう。

いらいらしているようなので、静かな部屋に置いてあまり覗かないようにしていたのだが…。それが裏目に。
水曜の朝は大丈夫だったのに、夜には右足をだいぶひどく噛んでいて、何か白いものがみえるよ?という状態になっていたので、翌朝おろおろとまた病院へ。
幸いそれは骨ではなかったけど、筋肉であったらしく。
これ以上噛むとえらいことになるので、ついに最後の手段、エリザベスカラーを巻かれる。

Che3
お怒りの書記長 「ムキー!なんじゃこりゃあ!」

Che1
抵抗し疲れてぼんやりなさる書記長

Che2
いじける書記長

怒る→あきらめ→また怒る を繰り返し、結局ふて寝なさいました。
えさが食べにくくなるので、ちょっと気をつけてやらにゃなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「御苗場」終了!

御苗場、無事終了いたしました!
来ていただいた方、コメントをいただいた方、ありがとうございました。

Dsc02901

こんな感じでした。
(前回は撮影厳禁だったみたいですが、今回はゲストブースなど撮影禁止ポイント以外は、著作権に考慮すれば可ということでした。)

感想はまた追々。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「御苗場」出展します

気がついたら、友ヶ島以降更新していないという…。Σ( ̄ロ ̄lll)

さてさて、写真展に出展します!

■関西御苗場■
 場所:海岸通ギャラリーCASO[大阪港]
    http://pp-kansai.com/access.html
 日時:2008年10月7日(火)〜12日(日) 11:00〜19:00(最終日17:00まで)
 入場料:平日100円・土日500円(中学生以下・60歳以上無料)

 詳細は↓
 http://pp-kansai.com/index.html  


私のようなド素人から
・「浅田家」の浅田政志やハービー山口など写真家
・GLAYのJIROやbirdなどミュージシャン
などなどのゲストまで、出展者が100人を越す、大規模な写真展です。
ゲスト出展者は↓
http://pp-kansai.com/artist.html

11、12日は藤代冥砂や、雑誌・広告関係者などを招いてのトークイベントもあります。
http://pp-kansai.com/guest.html

私の写真は、なんとゲストと同じ部屋の、ブース124に展示されます。\(;゚∇゚)/どひー

会場が大阪港でちょっと遠いので、海遊館デートの機会などあれば帰りにちらりと
のぞいていただけるとうれしいです。
私は土日には居ると思います。


友ケ島の写真を出します。
モノクロ手焼きです。
bookには千葉みなとキリン王国貯木場もございますが、今回はこれも手焼き、
焼きおろしです。丹誠込めて焼きました。
メインよりbookに時間かかったかも…。

そして思ったこと。
bookはバライタじゃなくてRCの方がよかったかも。
乾かしてフラットリングしても、完全に真っ直ぐになってないから、フリー台紙の
アルバムに貼ってもなんかフィルムがびろーんと浮いてくる…。とほほ。

081003_1720
焼き上がり、干される写真達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友ケ島 第三砲台

まだありました、友ケ島シリーズ。

第三砲台は一番規模の大きい砲台跡。
ここではけっこう他の人とも遭いました。
コスプレイヤーとか。
撮影したいよね、うんうん。

だって、こんなですよ。
Dsc02458

Dsc02460

Dsc02448_2

Dsc02471

映画「アンダーグラウンド」を思い出しました。
第二次世界大戦中のユーゴスラビア。戦火地下に匿われた避難民は、戦争が終わった後もそのことを知らされず、武器を作りつづける…。
というと悲惨そうですが、重いテーマをブラックユーモアにくるんだ喜劇仕立て。映像が全体的に夢っぽいというか、美しい映画でした。
サントラがこれまた素晴らしく、今もTV番組のBGMで使われてたりします。

しかし、今回調べたら、アンダーグラウンドのDVD、廃盤。買っとけばよかった!!
ヤフオクとかで2万近くで売られたりしてますよ。いやーねー。
レンタルで見かけたら、是非見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友ケ島 第一砲台

第二砲台のように構造物が崩れてはないですが、植物に飲み込まれつつあります。
第一砲台は、なぜかモノクロでしか撮ってなかった。

Tomo_1_gate
怪しいトンネル

Tomo_1_2_2
中から見るとこんな感じ

Tomo_1_1

Tomo_1_3_2

Tomo_1_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

友ケ島 トーチカ!!

第二砲台を見たあとは、灯台に向かいます。
岬好きのオットは、岬につきものの灯台にもわくわくです。
 *ちなみにオットのマイミクさんの岬サイトは素晴らしいです。あふれる岬愛、灯台愛。
  私のお気に入りは、灯台から最も近い宿泊施設をピックアップしたページ「岬の宿」
  とにかく灯台からの距離のみを基準にしているストイックさが美しい。

Tomo_todai_up
たしかにちょっといい

加太駅の横の、観光案内所のおばちゃんイチオシ!灯台の奥の広場にもいかなければなりません。
おすすめ理由は、子午線が通ってるから。
2007年には、灯台建設135周年記念と、子午線の東経135°をかけて、一大イベントがひらかれたらしい
それに今年はドラマの撮影も行われた。「石原さとみが来たのよ!」(おばちゃん談)

Tomo_todai1
そのわりに看板が手書きですよ

しかしおばちゃんにはすまないが、私にはこっちに釘付けだ。
トーチカ!

Tomo_tochka4
トーチカ!!
Tomo_tochka3
トーチカ!!!
Tomo_tochka2
魅惑の扉から入ると!

Tomo_tochka1
入ると!!

Tomo_tochka_mono
ばーん!

Tomo_tochka_sabi
いいサビ出てます

かっこよすぎてはなぢが出ます。
トーチカは、第一砲台の左右に一基ずつありましたよ。

次回は第一砲台をご紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友ケ島 第二砲台

…はっ、白いワニに襲われたと思ったら、もうこんなに日が経っていました!
江口寿史、ご存知でしょうか。いえ、すみません、すみません。

さて、友ケ島の真骨頂、ザ・廃墟。
今回は島の西側を回りました。
モノクロでも撮りましたが、まずはコンパクトデジカメ写真をば。

ハイキングコースをえっちらおっちら登っていくと、最初に見えてくるのは第二砲台。

Tomo_2_1
かなり崩落してます。「え、ここ入っていいの?」って聞かないで。

Tomo_2_2

Tomo_2_3
ああ きょうも 空が 青い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友ケ島 序

友ケ島。
和歌山と淡路島の間に位置する、無人島。
旧日本軍の軍用地で、砲台跡の廃墟がひっそりと建っている。

という話を聞いて、廃墟萌えのオットと行ってみました。

南海本線和歌山市駅から加太線に乗り換え、加太駅から港に向かいます。
のどかな漁村。

Kada

途中、お天気お姉さんみたいなかわいい女の人が、彼氏の家に初めて挨拶に行くところに遭遇。彼氏の家の前で深呼吸しているお姉さんを「緊張せんでも大丈夫やって」と気遣う彼氏。
…いやーん甘酸っぱい!!
と身悶えしながら港に着きましたら。

ひとばっか!
定員100人の船に乗りきれないほどの人が!

Fune

廃墟がひっそりと
話が違うやん、と思いながら、1本船を見送って、次の船で友ケ島へ。
ザ・ハイキング客がわらわら。キャンプおよびバーベキューも人気です。

でも、でも!友ケ島は、期待を裏切らない島でした。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パズル

パズル
いいよ友ケ島!
人いっぱいで無人島っぽさはないけど、レンガづくりの砲台跡萌えー。
また来たい。

帰りの船がまた人いっぱい!
最終便は16:30のはずだけど大量の積み残し発生。
次の臨時便にも乗れず。
その次の便にやっと乗れたー。

ってことは、300人近くが帰ったわけだ。
船、定員100人なので。
大人気やなー。
ま、廃墟萌えでなくても、キャンプやバーベキューでふつーに楽しめるとこみたいだし。

写真は、ロケに来たパズルご一行様のサイン。
6月の最終回らへんで出て来るらしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人ばっか

人ばっか
和歌山の無人島、友ケ島に行く船に乗ります。
目玉は旧日本軍の砲台跡などなどの廃墟なんだけど。

これがすごい人なんだまた。
ラッシュの電車かってくらいきゅうきゅう。

12時前に港に着いたけど、12時の便は11時の船の積み残しの人ですでにいっぱい!

13時の便も人いっぱい。
ということで、人いっぱいの無人島なようです。


人のこと言えないけど、物好きがいっぱいいるなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«もっさもさ